前へ
次へ

労働相談にも対応しているハローワーク

失業をした場合、ハローワークに足を運んで所定の手続きを取ることになります。
失業をした際に企業側から受け取る書類を提出して手続きをすることになりますが、労働トラブルが原因で解雇されたり、退職を余儀なくされた場合には企業側が書類の中に虚偽を記載していることがあります。
あってはならないことですが、実際には事務手続きをスムーズにするためという理由で虚偽の内容で書類を作成することがあります。
事実と異なることが記載されていた場合、ハローワークでも労働相談を行ってくれることがあります。
証拠があればしっかりと調査をしてくれるハローワークもあります。
中には確認をしただけで虚偽の内容を事実をしてしまうようなハローワークの担当者もいるので、労働相談を行っても必ずしもその事実を確認してくれるのかどうかということは担当者によっても変わってきてしまいます。
虚偽の内容で書類を作成して、それが通ってしまうようなこともあります。

Page Top