前へ
次へ

社会活動を通した労働相談

仕事の過労によって体調不良を起こしたり辞めたりすることもありますが、労働相談には長時間労働によって心身に影響を及ぼすことも挙げられます。
過労になってしまう原因は長時間労働ということがわかっていますので、長時間働くことには体はもちろん精神的な影響も大きいといえます。
人間の生活には労働は必要不可欠なのは生活をするための賃金を稼ぐからで、その為の心身へのダメージというのは我慢できる程度のものです。
しかし我慢ができないくらいダメージが大きくなってしまうと、労働そのものを嫌いになってしまいます。
潜在的にも多い引きこもりやニートなどが存在する以上、社会活動を通して仕事がしやすい環境を整えることです。
そして労働問題として見直さないといけないことには労働内容よりも精神的な負担が高いかどうかで決めることがあり、精神的なプレッシャーを与えないように企業努力をしておくべきです。
会社は働き手があってこそ成り立つもので、労働相談でも自分勝手なことではありません。

Page Top