前へ
次へ

労働相談は行うべきこと

労働相談は出来るだけ行うべきでしょう。
もしも労働トラブルをそのまま放置してしまうと、加害者側もそれでいいものだと勘違いしてしまいます。
キチンと罰を与えなければ、やっていいことと悪いことの判断すらできない、ということになってしまいます。
次から次へと被害者が増えていくことになってしまいます。
ですから事実をしっかり伝えて、どう対処をするべきなのか、専門家のアドバイスを受ける、ということは必要になってきます。
そのための労働相談なので泣き寝入りをすることはできるだけ避けるべきでしょう。
トラブルが発生をしたので仕事を辞めるという選択肢もあります。
しかしそれでは何も解決に繋がりませんし、嫌だから辞めればいいというのはあまりにも安易な考え方です。
次の仕事もすぐに決まるという保証はないので、辞めるというのは最後の切り札として取っておくべきでしょう。
トラブルを起こす企業はいつまで経っても変わらないということになってしまうので、問題提起はするべきです。

Page Top