前へ
次へ

よくある労働相談に解雇について

労働相談と言われる仕事場においての相談事は、使われている人が多くかかえる問題と思われます。
その労働相談で多いされることが解雇についてと言われ、クビと言われたので職場を離れざるを得なかったことなどが上げられます。
例えば「急に辞めて欲しいので、明日から来なくて良い」と言われた場合でも、30日前には解雇予告が必要なことから、もし出社をしなくなったとしても、30日分の給与をもらえることになります。
そのまま引きさがってしまうのではなく、正当な賃金をもらうことにすべきです。
ですがこの場合でも、客観的な理由が必要になりますし、社会的な通念上問題のない場合と限られます。
これらに反しての解雇には、会社側と争うことが出来、裁判所に判断をゆだねることが良い方法です。
泣き寝入りすることは、企業側が得をすることだけになってしまいます。
個人が持つ請求権利をキチンと行うことも、大事なことと知っておきましょう。
放っておくことで、同じような問題が続くことになる恐れも十分に出て来るので注意が必要です。

Page Top