前へ
次へ

労働相談を行う環境を整える

ハラスメントの被害に遭った場合、どうすればいいのか悩んでしまう人は多いです。
自分は被害者になることはないと考えている人もいますが、いつどこで被害者になるのか分からない時代です。
ハラスメントを防止するためには、企業が労働相談を気軽に行うことができる環境を整えておく必要があります。
専用の窓口を設け、匿名で相談を行うことができるように配慮をしなければいけません。
徹底して労働トラブル対策を行っている企業の中には相談に応じてくれる外部の機関を指定していることがあります。
外部の専門機関に労働相談をすることができれば、情報漏えいも起こりにくいので、誰が相談をしたのかということも分かりにくいです。
水面下で調査を行って、証拠隠滅をしないように加害者を特定することも可能になります。
1人で抱え込んでしまい、精神的に病んでしまうという人も多いです。
そうならないためにも、専門的な機関を利用することを企業が推奨する必要があります。

Page Top