前へ
次へ

労働相談を行える内容の種類

働いている側の人でも経営する側の人でも、労働するなかで様々な悩みや問題が発生する場合があります。
そんな時に利用できるのが労働相談と呼ばれる場所を活用する方法になります。
では実際にどのような内容を相談する事ができるかですが、経営者側の場合であれば解雇や雇用止めといった内容があります。
その他には契約している労働者の配置転換の方法についてや給与に関する問題なども相談することが可能です。
労働者側からすると最近ではいじめやパワハラといった内容も相談が増えてきている内容の1つです。
また給与の問題や過度な残業などの相談なども労働相談を利用する項目の1つです。
労働者側であっても経営者側でもあっても様々な問題や悩みがあるので、それらをしっかり解決するためにもまずは労働相談を利用して解決に向けて思いを話すことが重要となってきます。
相談自体は自ら窓口に出向く方法もありますが、電話を使ったホットラインなどを活用した相談などもできるようになっています。

Page Top